感情とモチベーション管理ツール「夢ノート」の書き方

この記事では、プログラミングのモチベーションを上げる「夢ノート」の書き方について、お伝えします。

僕が、毎日・毎月行っている「夢ノート」の書き方を共有することで、プログラミング学習のモチベーションが下がりそうになっている方の、背中を押していければと思います。

 

なぜ「夢ノート」を書くのか?

僕が「夢ノート」を書く理由

そもそも、なぜ夢ノートを書くのか

アプリを作った後・プログラミング学習が終わった後の「目標」がないと、人間はなかなかモチベーションが続かないと思うんですよ。

よく精神論で

「学習は、無気力にならずに、無心でやれ!」

というのを聞くんですけど、

僕は、逆に

「人間って、感情の生き物である。」

「上手いこと、感情をコントロールしてやれば、副業・プログラミングの勉強も、上手くいくよね。」

という考え方をしています。

なので、感情をコントロールするために

  • 様々な工夫を凝らし
  • 仕事などのモチベーションを上げる工夫

をしています。

その具体策として、毎日「夢ノート」を書いています。

 

僕の望む未来を「言語化」するツール

僕もアプリを作りつつ、その作ったアプリが売れた後に、

自分はどうしたいのか?
どういう未来・どういう感情が欲しいのか?

をノートに書いて、日々、言語化をしています。

そうすると、

大きな目標、目的を見失わずに、進め、
たとえ軸がブレそうになっても、修正できます

このように有用なツールです。具体例を紹介します。

 

「夢ノート」実例を紹介します

まず、自分がどういう感情を得たいか、ハッキリ言語化することが、「夢ノート」を続ける上で、最も大切です。

  • 自分の得たい感情を一番上に書いて
  • それを実現していくために、1つ1つの夢を続けて書いていく

10分くらいでサクサクと書いていけるようになっています。

  • 自分の目標
  • やりたいこと

1つ1つの夢の項目は、どんなささいなことでも構いません。

カテゴリーに振り分けをしながら書いておき
気づいた時に、日々、見返すようにしています。

 

実現した項目には線を引いていく

前に自分が書いた「夢」で、見失わずに出来たもの、実現したものには

「できたよ」と、どんどん斜線(取り消し線)を書いていくようにしています。

(例)〜〜を午前中で終わらせる。

 

毎日10分「夢ノート」のメリットは?


この「夢ノート」は、僕の心と体に、とても効果的な影響をもたらしています。

  • 朝、テンションが上がる
  • 1日のリズムが作れる

こんな利点があって、毎日、継続しています。

 

どんなノートを用意すればいいの?

僕の夢ノートは、3冊目になります。

どんなやり方で、始めれば良いのでしょうか?

毎日「夢」を書いていって、いっぱいに埋まったら捨ててしまうものなので、どんなノートでも構いません。

自分にしっくりくるノートなら、大きさや材質、何でも良いでしょう。

僕も、100均の安いノートを使っています。

 

夢ノートに書いていく内容、順番は?

まず最初に「感情」を書き込む

まず最初に「こんな感情を得たい」を、書き込みます。

例えば、僕だったら

  • 毎日充実した気持ちで健康に
  • 毎日を楽しく過ごす

という感情を得たい、と書きます。

 

 

「充実」「楽しく」を得るには?

それを得るためには、どんな要素が必要か?

と考えていくと

自分の仕事の意義、が大切、と気づきました。

先ほど書き込んだ「感情」の下に

「仕事の意義」と、書き込みます。

 

「仕事の意義」を得るには?

僕は、自分のオンラインスクールも開設しているので、

来てくれた生徒さんに、同じような結果を出してもらうことが、

仕事の上で、大きな意義になっています。

稼げるようになり、将来の不安を減らしてもらいたいんです。

ですので、「仕事の意義」の下に

  • 稼ぐことによって、収入が分散される
  • できるだけ将来の不安を減らす

と、書き込みました。

 

気づいたことをドンドン書く

ここまで具体的になったら、あとは気づいたことをドンドン、夢ノートに書き込んでいきます。

仕事とは直接関係ないと思われがちですが

  • 目標達成には、健康も大切だよね
  • ・・・アレルギーやアトピーもあったりするので、治していく

健康関係の目標も、書いてあったりします。

 

時には気分転換で、自分の好きな趣味をやるのも大切だよね・・・

ということで、

  • 自分の趣味、音楽のことを書いたり
  • さまざまな、その日に思いついたことをどんどん書いていく

わけです。

 

「夢」目標達成は、毎日のリズム、積み重ね


この毎日10分「夢ノート」のおかげで、僕は1日のリズムが作れています。

  • よし、今日もこの目標を達成しよう
  • 1つずつ積み上げて行こうよ!

という気持ちで、毎朝、前向きな気持ちになれるように、しています。

僕も意外と、メンタルが丈夫な方ではないため

  • 気が乗らない日
  • 何となく落ちてる日

も、正直あります(笑)

そういう日にも「夢ノート」を書くことによって、「こんな日でも、最低限のことだけは積み上げていこう・・・」と、毎日、夢に向けて活動できています。

 

もう少し大きな夢・自分会議ノートも

そして、2つめの「自分会議のート」もご紹介します。

こちらはもう少し大きな「夢」「目標」となっています。

先ほどの「夢ノート」のように、順々に書く必要がないので、

思ったことを何でも自由に、書いています。

とある日の自分会議ノート

 

大きなものでは

  • 毎月150万円くらいの、大きな売り上げを得る

小さなものでは

  • 〜〜のお店に行く
  • (住まいが鎌倉なので)鎌倉のお洒落カフェを開拓する
  • 自分の好きな弾き語り動画をアップする
  • 和服を着こなす

など。

本当に、小さな夢から大きな夢まで、ざっくばらんに書いてしまっています。

 

ノートの「夢」を思い出す・・・叶う

例えば、ノートに書いた「夢」を見返して

「今日東京に出るから、〜〜のお店に行ってみよう」

と思い出して、1つ1つ夢を叶えていくことができるんです。

こうすると、自分の人生が、どんどん充実している感覚が得られるわけです。

なので僕は、こういった「夢ノート」を使うことによって

  • ただプログラミングの仕事をするだけではなくて
  • その先に、どんな未来を作っていくか
  • どんな感情を得て、どんな人間になりたいのか

このような思いを日々、言語化しています。

皆さんもぜひ、参考にしていただければと思います。

 

ノート「手書き」のすすめ


「書く瞑想」という本もあるくらいでして、実は最近、「手書き」っていいな・・・と思っています。

手書きは脳に良い

昔は、手書きツールなんて馬鹿らしい・・・と思っていたのですが。

「手を使って書いた方が、キーボードをタイピングするよりも、脳のさまざまな部位が使われる」

という研究の論文もあったりします。

手書きって、けっこう良いツールなのでは・・・と、思い直している所があります。

自分が満足できる人生を送るために


僕も言うことが前と変わってきて、アップデートしてきているのですが(笑)

その都度、いいと思ったものを、生活の中にドンドン取り入れることによって、自分が満足できる、より良い人生を送りたいな・・・と思っています。

皆さんも、時間がなくてお忙しいと思いますが、毎日5分でも10分でもいいので、ぜひ夢ノートを書いてみていただければと思います。

 

まとめ

毎日10分「夢ノート」で、

  • 自分の得たい感情と、何がしたいのかを言語化して
  • 満足度の高い人生を送りましょう

という記事をお伝えしました。

毎日のリズムが整い、不調の日もモチベーションを保つ効果があります。

見返すことにより、1つ1つの夢も積み上げやすくなりますので、皆さんもぜひ、気軽に書き込んでみてください。

 

<不安対策・メルマガのご案内>

僕は、将来のさまざまな不安に対して、「英語圏アプリを作って外貨を稼ぐ」という、アプローチを考えています。

そのプロセスを、僕のメールマガジンで発行しています。

ご興味ありましたら、こちらを読んでみてください。

プログラミングで将来の不安を減らすメールマガジン




今SvelteNativeを使って英語圏アプリでマネタイズをしています。

その裏側を紹介するメールマガジンを配信しているので、ご興味あれば覗いてみてくださいね。