アトピー改善の基本。食事・運動・睡眠の基本方針3つを解説

どうもこんにちは!

この記事では、物心ついた時から、アトピー・アレルギーだった僕が、

ここ数年(20代後半)、症状を落ち着かせた「生活改善方法」っていうのを、お伝えしていこうと思います。

 

僕自身は物心ついた時から、もうすでにですね、アトピーで、

結構、一人暮らしを始めた大学生のときが、一番ヒドくてつらくて

以下のような状態でした。。。

  • 関節のウラに亀裂があり、腕を伸ばせない
  • 常にこう、痛い状態
  • 顔は結構、人から見てわかるくらいに赤かったり
  • お風呂に入るのが辛い

他にも

  • 人と目を見て話せない
  • かゆみと自律神経の乱れで1日3時間しか眠れない
  • 朝も起きれない

 

社会人に入ってからも、何年かそういった状態で続いていたんですけど、

20代後半から、ここ2〜3年くらいは落ち着きを取り戻しているので、

今は上記の症状は改善され、一般的な生活を送っています。

 

主に、生活面っていうところから、僕は改善してきました。

その方法を1つずつ、紹介していきたいと思います。

 

僕がやったアトピー、4つの改善方法

食事・運動・睡眠・ストレスコントロール

僕がやったアプローチっていうのは、

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • ストレスコントロール

という、この4つがメインになってきまして、

 

ちょっと時間がかかるんですけど、この方法をですね、実践してもらうことによって、

短期的な目標だけじゃなくて、こう長期的に体調良くなったりだとか、

そもそも、体の内側から治すようなイメージですね。

 

そういった形で改善できると思うので、

ぜひとも困っている方は、最後まで聞いて、実践していただければと思います!

 

1.アトピーを改善する運動

まず1つめなんですけど、運動方法からですね。

これは「ウォーキング」一択です!

 

今は筋トレもしていますが、アトピーの調子が悪い時はまず、

精神自律神経を改善することが最優先です。

 

ウォーキングの負荷が自律神経に良い

まず、何で運動が大切かっていうと、アトピーには結構「自律神経」っていうところが大きく関わっていて、

運動することによって

  • 自律神経が整う
  • バランス良くなる
  • アトピーも改善

こういったロジックになってまして、

僕がオススメする運動は、ウォーキングです。

 

なんか意外だったかもしれないんですけど、ウォーキングは負荷が少なくて、

あんまり効かないんじゃないかと思うんですけど、

実は、この負荷くらいがちょうどいいんですよね!

 

よく言う速歩きぐらいの、軽〜く息が乱れるくらいの運動が一番いいです!

僕は朝、散歩してますよ。

これは、精神面とも大きく関わりがあるんですけど、

朝起きて、散歩をすることによって、

  • 気分がよくなり
  • 血流もよくなる

の一石二鳥っていうことなので、

僕は毎朝起きて、20〜30分くらい、家の近所を歩いています。

 

2. アトピーを改善する食事方法

まぁ2つめですね、2つめは食事方法です。

 

狩猟採取時代の食事〜パレオ式ダイエット

これも結論から言うと、「パレオ式ダイエット」っていう方法を僕は取っていまして、

パレオ式って何かっていうと、原始人時代、

狩猟採集時代の食事を・・・再現しての食事を

主に、中心として摂っています。

 

100%実践することは難しいんですけど、

  • 主に野菜とか果物
  • 特に生(なま)のもの

 

こういったものを中心に、頑張って取るようにして、

  • 白米とか砂糖などの精製された糖質
  • 揚げ物

は摂らないようにしています。

体に負担のかからない食材が中心

昔、何も発達していない「狩猟採集時代」でも作ることができたような、食事を中心にすることによって、

  • 血糖値が上がりにくくなったり
  • ビタミン・ミネラルであったりとか

そういったものをいっぱい摂れるようになるので、

 

詳しく話すと、とても長くなるのですが

  • メインの主食はサツマイモ
  • 全粒粉、玄米

こういった茶色い炭水化物をメインにして、

  • 野菜・果物
  • ナッツ

そういったものを中心に摂ることによって、僕は少しずつ、良くなっていきました!

 

3. アトピーを改善するための睡眠

そして3つめは、睡眠です。

 

7時間以上取るとベスト

睡眠・・・これは基本的なことなんですけど、

やっぱり7時間以上、睡眠時間が取れるようになるといいです。

 

その際のアプローチなんですけど、僕は最初、症状がひどい時では、

ステロイドを使って、いったん症状を落ち着かせました。

 

飲み薬のアレグラ、抗ヒスタミン剤

かつその時、アレルギー性鼻炎も併発していたので、

抗ヒスタミン剤をとって・・・飲み薬の方なんですけど

抗ヒスタミン剤をとって、夜、しっかりまずは、睡眠が取れるような状態にしました!

 

そうすると、やっぱり睡眠って、すべての基本であるので、

  • よく眠ると運動する気にもなります
  • 朝、起きた時の気分もいいです
  • そもそも皮膚は修復されます

 

たとえ、かゆくてかき壊してしまったとしても、

何か、戻るのが早いなぁ…っていう印象だったので、睡眠もかなり大切です。

 

その他、睡眠の地味な改善

後はですね、別の記事でも出しているんですけど、

アイマスクと耳栓をしたりすることによって、

そういった地味な改善によって、睡眠の質も上げていきました。

 

まだ今でも

  • 目の周りに色素沈着が残って黒かったり
  • 手首にもちょっと傷が残ったり

するんですけど、

パッと見で分かるっちゃ、わかるんです、首とかも。

 

生活には大きな支障なくなったので、

かなりですね、僕の「生活の質」っていうものが、上がっていきました。

 

メインは運動・食事・睡眠

やっぱりメインにして欲しいのが、この3つの改善方法なので、

  • 運動(ウォーキング)
  • 食事方法(狩猟採取時代に近い)
  • 睡眠(7時間以上寝る)

地味で、継続しないといけないんですけど、

皆さん、すぐに結果を求めずに、こういった改善をしていただけると、少しずつ良くなっていくと思います。

 

4. 精神とアトピーはめちゃめちゃ関係あり

僕の場合をいくつか説明してみたいと思います。

これはデータなどのない、僕の意見です。

 

好きなことをやってみるのはすごく良かった

アトピーの人は真面目で感情をため込む人が多い気がしています。

僕がやった好きなこと「起業」「音楽」についてまとめてみました。

 

これは良かったことと、悪かったことがあります。

あとはここから僕の持論なんですけど、

「精神面とアトピーって、かなり関係あるなー。」

っていう実感を、僕は持っています。

 

心労でアトピーが悪くなる

というのも、やっぱりストレス溜まると、悪くなるんですよね。

僕はもう、6年くらい前から独立して、仕事をしているんですけど、

やっぱり独立したとしても、仕事のストレスって、なんかちょっといろいろあるんですね。

 

もちろん会社員時代の時の方が、ストレスはあったんですけど、

やっぱり独立してもですね、

  • 1回仕事がたまって来たり
  • 上手くいかないお客さんがいたり

そういったこう、心労もあったので、そういう時はやっぱり、結構、悪くなるんですよね。

音楽

また、ちょっとここ最近色々、起業で失敗されるところがあったんですけど、

結構、僕、楽器とか、好きなんですよね。

そういった、楽器とか演奏することによって、ストレスを解消できたりします。

 

楽器のリズムが精神面にいい

リズム運動などで、精神面でいい、ということもあって、

今は、ちょっとギターとか練習中で

  • レミオロメン
  • 藤巻亮太さん

とか、大好きなので、

その楽曲をハーモニカやギターでただいま練習中です!(2020年11月)

藤巻亮太「指先」

レミオロメン「アイランド」

こういった

  • 好きな人の
  • 好きな曲を弾くことで、

かなり、いいストレスの解消になって、

こう一段階、落ち着いたっていうことになるので、

自分の好きなことをするっていうのは、非常に大切です!

 

コルチゾール(炎症を抑える)

実はそこって、科学的なロジックがあって、

コルチゾールっていうホルモンが、ストレス回復に大きく関係しています。

 

皆さん、コルチゾールって、もしかして聞いたことあるかもしれないんですけど、

このコルチゾールというのは、抗ストレスホルモンです。

 

アトピーに、どういう所が関係しているかって言うと、

コルチゾールが、実は、炎症を抑える効果も持っているので、肌の炎症とダイレクトに関わってきます。

 

普段ですね、僕たちが仕事とかで、ストレスを受けたり、

あと睡眠不足もそうなんですけど

ストレスを受けると、コルチゾールがこう、分泌されるんですね。

 

最初はコルチゾールって、ストレスに応じて出てくるんですけど、

ずっとストレスにさらされていると、だんだんコルチゾールの出が、悪くなってくるんですね。

 

コルチゾールって、副腎という、このあたり(胃の下あたり、腎臓の上)本当に小さい内臓から出ているんですけど、

それが疲れてくると、だんだん炎症を抑える力がなくなっ
てくるわけです。

 

そうすると、どうなるかわかりますよね。

  • 肌の炎症を抑えられなくて
  • 赤くなって痒くなって

みたいなことをもって、肌が悪循環におちいっていくわけです。

 

そして、かゆいとストレスになってしまうので、

  • 余計にコルチゾールが出なくなってきて
  • 内臓が疲れて

っていう形になってくるので、かなり精神面と関係あるんです。

 

好きな事をして肌も改善

僕の場合だと、やっぱり、自分の好きな事をするということで、改善していきました。

 

もともと僕は会社員だったんですけど、

  • 自分のやりたいこととか
  • やっぱり独立したい

っていう思いがあったので、

  • 26歳の時に、会社を辞めて
  • 自分で会社を作る

わけです。

 

そこでもアトピーは1段階よくなって

どうしてもやっぱり会社だと、もちろん安定した給料が入ってくるっていう面はありますが、

自分のやりたいこととか、自由に働けなかったりするわけですよね。

そういったストレスがなくなって、一段階、良くなりまし
た。

 

やっぱりアトピーの人って、周りの人を観察していると、

なんとなくこう、肌感覚でわかるんですけど、

  • 内向的な人や
  • 言いたいことが言えなかったり
  • 生真面目であったり

内側に溜め込むタイプの人が多いんですよね。

 

なので、そういった人って

  • ストレスをためやすい傾向にあるので
  • アトピーになってしまうのかな

って思うところもあるので、

  • 自分の心に素直になって、
  • 小さくてもいいので、自分の好きな事っていうのを始めていただく

ということも、一つの改善方法になるのではないか、

と僕は考えています。

 

まとめ

長くなりましたが、

  • まず基本の食事・睡眠・運動っていうのを改善していただいて、
  • そのあとは自分の好きなことをやって
  • 自分の心の内側のものを外に出していく

ということをしていただくと、だんだん改善されていくと思いますので、

ぜひとも参考にして、実践していただければと思います。

 

僕のYoutubeチャンネルで

  • こういったADHDの人に向いた仕事や、
  • そしてリモートワークに関わるコンテンツ、
  • そしてプログラミングの勉強コンテンツ

を配信しておりますので、

今後の配信を見逃したくない方は、ぜひとも「チャンネル登録」してみてください。

(打田裕馬のYoutubeチャンネル登録)

最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です