専属エンジニアの居ない会社は尻すぼみになる

こんにちは。打田裕馬です。

この記事では「専属エンジニアの居ない会社は、いずれ尻すぼみになる」という話題をお伝えしたいと思います。

音声で聞きたい方はこちら

この記事は、独学でITスキルを学んだ僕が

  • ITスキルの学び方や
  • 今後のIT業界の見通し

などを話していきます。

 

専属エンジニアが必要な理由、背景

記事のタイトル、「専属エンジニア、居ないと会社が尻つぼみ」の通りです。

「これからは、専属エンジニアは必要だよね」について、具体的な解説をしていきます。

 

専属エンジニアとは?

専属エンジニアと言っても、別に「正社員」でなくてもいいんですよ。

自分の会社に、

  • ある程度時間を使って
  • 会社の業務のことを総合的に考えてくれるエンジニア

という「専属エンジニア」について、まとめてみます。

 

「専属エンジニア」の定義〜この記事内〜

また、この記事で定義している「エンジニア」とは、別にプログラミングができるというわけではなくて、

  • IT知識があって
  • ITツールを使いこなせる人

も、専属エンジニアとして定義していきます。

 

プログラミングが出来なくてもなれる

その理由としては、

  • 販路拡大
  • 業務効率化

とか

  • そもそも人がいらない
  • 仕事を任せる相手がいない

時に、ITにやってもらう。

 

こういった観点において、「やはり専属エンジニアってこれから必要だよね」

と僕は感じております。

 

コロナで加速!専属エンジニアの必要性

「専属エンジニア、やっぱり必要!」

コロナで、特にこの流れが加速していると、僕は思っています。

 

足で稼ぐよりネット頼み

今、なかなか

  • 新規営業
  • 新規販売

を、「足で」稼ぐのって、なかなか難しいじゃないですか。

 

そうするとやはり

  • インターネットに頼ろう
  • インスタ グラマーに頼ろう

他にも、ツイッターなど、SNSをからめた「施策」が、絶対に必要になって来るんですよね。

 

売上(うりあげ)は会社の使命

会社って、常に「売上」(うりあげ)を上げ続けていかないといけません。

それに、常に変化し続けないといけません。

「専属エンジニアがいないと、どうしても尻すぼみになってくるよな・・・」という風に考えています。

 

専属エンジニアの例:知人の会社

年商なんと2億が3億に

もうかっている知人の会社は、元々は、思い切りアナログな会社でした。

しかし経営者が優れた人で、どんどん積極的に、ITを入れていってみました。

 

すると、年商がコロナ前の「1.5倍」になったと。

「2億が3億」になったという風に言っていたので、

「すごいなぁ〜」と、僕は感じております。

 

エンジニアは先見の目

売り上げが増えたこと自体もすごいんですけど、その経営者の方がすごいのは、「先見の目」がある所なんです。

ITを導入することによって、今の売り上げが1.5倍になった以上に、「将来の投資」ですね。

 

会社内での「ITの浸透」、というところも非常にやっておられます。

何年も先のことを考えながら運営されていて、語彙力がなくて上手く表現できないのですが、本当にこの方はすごいなぁ〜・・・と、感じています。

 

ITの掛け算で生まれる価値

そういった時にやはり必要なのは、

  • 会社の業務を知っていて
  • ITの知識もあって

 

それらを組み合わせると、どのように価値が生まれるんだろうか・・・

という事を考えられるのが、エンジニアだと思います。

 

ITツールと世の中の流れ

ITのことがわかっていないと、

  • 新しいツールの導入もできないですし
  • 世の中の流れも読みづらく

なってしまいます。

 

反論「ITなんか外注すればいいのに」に反論します

かつ、このような反論もあるんですよ。

「ITのことは、外注すればいいんじゃないか」

こう言って来る人もいるんですけど、これ(外注)だとダメなんですよね。

 

IT外注がダメな理由

ダメな理由としては

  • 外注だとどうしてもスピード感が出ない
  • 会社の業務内容にも精通していない

んですよね。

だから専属エンジニアが必要!というわけです。

 

専属エンジニアの仕事は楽しい

逆に、自分が専属エンジニアになってしまえば

ある程度、IT業務のことについては任せてもらえます。

 

自分の好きなように・・・と言ったら語弊があるかもですが、

  • ちゃんと利益が出るような形で
  • 自分のやり方でやらせてもらう

ということで、仕事がすごく楽しくなると思います

 

僕も1社丸々任せてもらっています

僕も今、任せてもらえている会社が1社あるんですけど、

  • 提案もどんどん受け入れてくれて
  • とりあえずやってみましょう

という形で、

 

  • いろんなツールを導入してみたり
  • SNSに投稿したり、集客してみたり、

という「IT施策」を、丸々任せてもらっています。

なかなか楽しく仕事ができていて、本当にありがとう、という感じです。

 

ITは「将来の不安」も減らしてくれる

このようなポジションに来ると、「将来の不安」という観点でも、不安がかなり減ってくるんですよね。

調べ物でスキルが鍛えられる

やはり、ITを導入しようとすると、いろいろなツールを調べるじゃないですか。

僕は英語で「海外」の情報なども調べているので、

  • 海外のトレンドとか
  • どういったツールが流行ってくるんだろう

という所も、わかって来たりするので、

本当に自分の知識として、先行投資ができるんですよ。

 

そうすると、自然に「将来の不安」も減って来まして

どんどんITに詳しくなっていきます。

 

好循環に入れるありがたい仕事

新しいツールを導入して

  • 業務を効率化したり
  • 販路を拡大したり

そういったことを繰り返していく、ということですね。

 

好循環に入ることができて

  • 自分のスキルも上がりますし
  • 将来の不安も減っていくので

 

僕としては、非常にいい仕事、しかもリモートでできますし、

専属エンジニアはありがたい仕事だなと、感じています。

 

自分の周りでITの役立つ所を探そう

こういった

  • 初心者の方
  • これからITのスキルを深めたい

という方は、まず自分の会社にITを入れられる枠がないのか、とか、

もしくは

  • 知人の会社
  • 個人事業主の方

とかでもいいですので、

「何かITで役に立てないか」

というのを、考えてみていただけると良いかな、と思います。

この記事を読んで下さった皆さんに、ぜひとも試してみていただければと思います。

 

まとめ

それではこの記事の内容をまとめます。

  • これからの会社には専属エンジニアが必要である
  • IT知識があり、ITツールを使いこなして
  • 会社の売上(うりあげ)アップできるような

ITの外注はダメで、コロナで専属エンジニアの必要性が加速しました。

自分の会社、知人の仕事で、ITが役に立てるか、考えてみてください。

 

僕のこの公式サイトでは

  • 僕が関わってきたエンジニアとしての事例
  • 今後のITの流れ

というのを解説していきます。

興味を持って下さった方は、「stand.fm」にフォローいただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

アイキャッチPeople illustrations by Storyset