【簡単ローコスト】万能ツールSegment紹介【中小零細・データ分析】

こんにちは。小さなIT企業を経営、マーケティングにも詳しい、現役エンジニア&マーケッターの打田裕馬です。

顧客データ分析に迷っている社長様、Web担当者様はおられませんか?

万能「Segment(セグメント)」というWebデータ分析ツール(無料可)をご紹介します。

 

中小零細企業の社長様など

  • Webサイト
  • ECサイト

立ち上げた時に

  • 顧客データの分析しないと必要性を感じますし、
  • どんなツールを導入するか、

けっこう迷いますよね。

 

この記事を読むと、分析ツールの選択肢がありすぎて、迷うことがなくなります。

日本語でSegmentの解説している人がまだあまり居ませんので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Youtubeで見たい方はこちらから↓

 

Web分析ツール・まずは結論から

まずは、Segmentの役立つ点を紹介します。

Segmentを真ん中に挟むことによって、さまざまなツールにデータを渡すことが出来ます。

例えば

  • Webサイト
  • スマートフォンアプリ
  • オンラインショップのツール
  • HubSpot(顧客管理ツール)

    Segmentにこれらのデータを一括集中させます

     

    Segmentを仲介することによって、今まで使いこなせていなかった、多種多様なWeb分析ツールに、データを渡すことが可能になります。

    例えば

    • ヒートマップ Webサイトのどの箇所がよく閲覧され、クリックされているかわかる
    • Googleアナリティクス(後述)
    • Mailchimp メール配信のマーケティングソフト

     

    とにかく最初にSegmentとつなげよう

    Webサイト、ECサイトを立ち上げたら、Segmentとすぐにつなげる設定をして、ここにデータを集めましょう。

    そうすると、誰でも簡単に、Segmentを通して、いろいろな解析ツールにデータを渡すことができます。

     

    中小零細向け「Segment」概要

    では僕が実際に使っているSegmentの画面を見てみましょう。

    画面左:僕の公式サイト「https://uchida.link」を、中央の緑丸「Segment」につなぎました

    画面中央:緑の丸が「Segment」で、「uchida.link」のデータをSegmentに集約しました。

    画面右:Segmentに集めておいたデータを、次の2つの解析ツールに流しています。

    • Googleアナリティクス:Webサイト訪問者の傾向(地域、性別)などがわかる
    • Hotjar(ホットジャー):訪問者の動き(ヒートマップ、スクロールの様子など)がわかる

     

    今はこれだけですが、まだ使いたいものが沢山あるので、

    右側の解析ツールは、これからどんどん増やしていく予定です。

    • メール登録をしてくれた人が、どんな設定をしたのかわかる
    • Webサイト訪問者と、Q&Aなど、そのままライブチャットができる

    様々なことが出来ます。

     

    もう少し高度な使い方で

    • Cloud Function(クラウドファンクション)サーバーなしでクラウド上でコードを実行できるGoogleのサービス
    • Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)クラウドコンピューティングを使ったAmazonのサービス

    を動かしたりもできます。

     

    Segmentにデータを集めて、Webサイト側の設定をしておけば

    管理画面から、どのようにでも使っていけます。

    非常に優れたツール、皆さんにオススメしています。

     

    忙しい人ほどオススメ

    • 中小企業の社長さん
    • マーケティング担当者

    仕事の本業の方で忙しいかと思います。

    分析ツール、解析ツールの設定など、1つ1つ大変だったと思います。

    Segmentの導入で、今までより手間が省けるのもメリットです。

     

    Segmentをオススメする3つの理由

    無料でスタート

    1か月1000ユーザーまで、Segmentは無料で使えます。

    設定がラク

    1つのトラッキングコードをSegmentに仕掛ければOKです。

    これまではGoogleアナリティクス、Hotjarなど、使いたいツール全てに、トラッキングコードを張り付ける手間がかかっていました。

    大量のツール

    Segmentの中には、300種以上、大量のツールが入っています。

    データの行き先を、一覧の中から選択します。

     

    Hotjarも、Segmentの中に入っていたので、使うきっかけになりまして、実際使ってみたら、とても良いツールでした。

    • 生データを、とりあえずデータレイク(Data Lake データ分析、ビッグデータ解析)という場所に貯めておき
    • あとで有効活用する、などとします。

     

    皆さんのビジネスの

    • 売り上げ
    • 見込み客

    見通しに、非常に役立ちます。

     

    Segmentの利用料金(マーケティング)

    英語の解説でしたので、こちらにまとめました。

    無料でここまで使えます。

    • 月1000ユーザーまで(重複は数えません)
    • データの流入元は2ソース(2つのサイト・アプリ)まで
    • 多すぎる位ですが、データ送信ツールは300出力まで

     

    中小零細企業の方なら、無料プランで十分すぎるほど使えます!

    ローコストと書きましたが、自分で設定できれば最初はタダ、設定外注すれば最初の1回の依頼料でほぼ済むでしょう。

    月間120ドル(1万4〜5000円)、Segmentの利用料が有料になる頃には、それ以上の利益も出ていることと思いますので、コスト面での不安も不要かと思います。

     

    Segmentの導入方法(無料データ分析)

    1度導入すれば、データを一括で管理できます。

    それぞれ個別の方法は、別記事やYoutubeに詳しく載せておきます。

    プラグイン

    WordPress、Shopifyの場合は、専用プラグインがありますので、ボタンポチポチで導入可能です。

    JavaScriptのコードを設置

    指定のコードを、自作のHPやWix、ペライチに張り付ける方法もあります。

    モバイルソース

    モバイルアプリにも専用のコードを入れることができます。

    アプリ開発を外注している方も、最初のSegment導入だけ忘れずに依頼しておくと、その後の手間や運用コストが非常に省けます。

     

    明日からできる行動〜中小零細の社長様向け

    1.まずはSegmentに会員登録をしましょう。

    Googleのログインからでも出来ます。

    2.Googleアナリティクスとつなぎましょう。

     

    ここまで出来たら、ご自分のWebサイト、Webサービスとつなぐ記事・動画もありますので、そちらで連携していただければと思います。

    動画:wordpressとsegmentの連携

     

    まとめ

    • Segmentを自社Webサイト・各分析ツールの間に挟み
    • データを集約、ボタン1つで各ツールに流す

    のがオススメです!

    トラッキングコード設定も1度だけで済み、簡単手間ナシ、無料プランでもかなりのことが出来ます。

     

    Segmentの利便性・使い方については以上です。

    これからも中小零細企業様向けに

    • マーケティングや
    • ネットを使って売り上げを上げる

    のに役立つ分析ツールや

    Webを中心にマーケティングのお話など、どんどん解説します。

    ↓動画でも見たい方はYoutubeチャンネル登録してくださいね!

    打田裕馬の「データ分析 & マーケティング」Youtune登録

    英語圏アプリで会社や嫌な取引先に依存しない収入を作りませんか?

    その裏側を紹介するメールマガジンを配信しているので、ご興味あれば覗いてみてくださいね。