【在宅勤務でアトピー悪化】在宅勤務してるとアトピーが悪化する?

こんにちは。リモートワークの会社代表の打田と申します。本日は在宅勤務とアトピーの関係について、僕からお伝えしたいと思います。この記事では、物心ついた頃からアトピーだった僕が、

  • 在宅勤務とアトピーの関係
  • 自律神経とアトピーの関係
  • 在宅勤務をしながらどうやってアトピーを改善させたか

ということについて、お伝えしたいと思います。

結論:副交感神経優位になりすぎないように生活する!

まず結論です。自律神経が副交感神経に傾きすぎないように生活すると、僕のアトピーはかなり良くなりました。当時の背景をふまえて、良くなった方法を皆さんにお伝えできたらと思っています。

僕のアトピー

僕の場合、実は、物心ついた時からアトピーです。今もやはり

  • 首とか
  • 目の周りに少し炎症が残っていたりとか
  • ちょっと手首などに炎症ががあったり

します。生活に大きな支障はなく、うまく付き合いながら、仕事や生活をしています。

僕の職歴→在宅勤務歴

僕の在宅勤務歴は、5年です。もともとキヤノンという会社で、実際にオフィスに通って、プリンターの開発業務をしていました。5年前に独立して、今は5年間ずっと、在宅勤務やプログラミングの仕事をしています。

1 自律神経とアトピーの関係

まず1つめの話題「自律神経とアトピー」に関してです。色々試した結果副交感神経に傾きすぎると「免疫」が働きすぎてしまって、アトピーが悪化するという結論を持っています。

自律神経とは?

まず自律神経について、あまりご存じない方に、簡単に説明します。自律神経には

  • 交感神経
  • 副交感神経

この2つがあります。

交感神経・副交感神経のちがい

交感神経は、主に緊張している状態で、お昼に仕事など頑張っている状態ですね。副交感神経は、夜の寝る前に休んだり、リラックスしている状態の神経のことを表します。それは僕たちの意思に関係なく、

  • 自分で周りの環境に合わせて
  • 周りの環境や時間に応じて

体が自動的に切り替えているようなものになります。

副交感神経=免疫=アトピー

自律神経が副交感神経に傾きすぎると、体の方が休むモードですね・・・つまり「免疫」が働く状態になってしまいます。自分の免疫で自分を攻撃してしまうアトピーやアレルギーの人などに対して、症状がけっこう強く出てしまうような状態になります。

2 自律神経と在宅勤務の関係

2つめの話題、自律神経と在宅勤務の関係です。「在宅」「家」ってどうしても、リラックスしやすい場所じゃないですか。オフィスみたいに

  • いろんな人がみんなで仕事していたり
  • 他人の目があるわけじゃないので

どうしても副交感神経寄りになってしまうんですね。そうすると昼間でもちょっと

  • かゆみが出たり
  • アトピーの炎症が出たりしやすかったり

するんです。

在宅勤務はアトピーの調子が悪い!?

今、いろんな影響で在宅勤務の人が多いと思います。「在宅勤務になってから、なんかアトピーの調子が悪いな・・・」っていう人もいるかと思います。副交感神経が優位になるのが、在宅勤務でアトピーが悪化する理由のひとつだと考えています。

3 在宅勤務でどのようにアトピーを改善させたか

3つめ、僕がどのようにアトピーを改善させたかをお伝えします。

  • 在宅勤務をしながら「交感神経を優位にしてあげるような動き」をしてあげることによって
  • 普通にオフィスに行っている時と変わらないような「リラックスし過ぎない状態」をつくってあげることによって

アトピーを改善させていきました。もちろんそれですべて改善できたわけじゃないのですが、かなり効果があったと思います。

非ステロイドの炎症を抑えてくれる薬

また、ステロイドは入ってないけど、ある程度皮膚の炎症を抑えてくれるような薬を使いながら

  • 非ステロイドのティーツリーオイルや
  • セロナっていう非ステロイドの抗炎症薬

もしかしたら使ってる人っていうかもしれないですけど、こういった薬を併用しながら、上手くアトピーとつきあって、仕事をしています。

交感神経を優位にしてくれる「軽い運動」「散歩」

その他に僕がよくやることとしては、

・朝起きたら

HIIT(エイチアイアイティー)と呼ばれる、息が切れるくらいの短い時間運動をしたり

・お昼には

ちょっと外に出て公園に散歩に行ってみるとか・・・だいたい時間にして20分ぐらい買い物ついでに

  • 車とか使わずに歩いて行って
  • 太陽にあたって運動して

交感神経を優位にしてあげるこういった事をすることによって、在宅勤務であっても、ある程度の「交感神経・優位状態」を保って、仕事に取り組んでいられます。

スタンディングデスクはおすすめ

あと下の画像なんですけど、僕はスタンディングデスクというものを使って、仕事をしていたりします。

座るとどうしても副交感神経が優位になるのに対して、立っていると交感神経が優位になりやすいです。1日の6〜7割くらいは、立って仕事をしています。こういった方法を利用して、うまくアトピーと付き合っています。

まとめ

僕も大学生の時からアトピーがけっこうひどくて、いろいろ試してきました。アトピーでは、個人差がかなりあります。

  • 僕の情報はある程度参考にして
  • 皆さん自分の一番良いケアをして

うまく付き合っていくのが、一番いい方法なんじゃないかなと、僕自身は考えています。ただ、在宅勤務の悪い所を、けっこう書いてしまったんですけど

  • 見た目が気になる人とか
  • 僕もですが顔に昔よく炎症などできているので

やっぱりオフィスで人に顔を見られるのって、けっこう辛いじゃないですか。そういう人に対しては、在宅勤務ってすごくストレスがなくなるものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です