Dockerは今後標準的な技術になっていきますか?という質問に回答しました。

僕はこう答えました。

なっていくと思います。

なぜかと言うと、昔ほどサーバーリソースを過剰に持てる企業が減ってきた結果、サーバーリソースの節約が必要だからです。

昔はオンプレしか選択肢がなかったので、大は小を兼ねるでどっかんと大きなスペックのサーバーを導入していましたが、クラウドが選択肢としてある現代はそうはいきません。

そこでdockerの登場なのですが、dockerはコンテナという隔離された空間をLinux上に作ります。

つまり、タンカーの上にあるコンテナのように、Linuxサーバーリソースを余すことなく使える可能性が高いわけです。

さらにインフラをコード化して抽象化できるメリット(インフラストラクチャーAs a Code)もあるので、インフラはどんどんdockerが標準になっていくのではないかなという今日この頃です。

*僕がdockerをいじり始めた2016年はとても真新しく感じましたが、今となってはモダン感は個人的になったくないですね(笑)

この記事はquora (dockerは今後標準技術になっていきますか?)の回答を転載しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です