ADHDで仕事が上手くいかず絶望していましたが、ADHDに向いた仕事で人生復活しました。

こんにちは。本日は、発達障害についてのお話をしていきたいと思います。

具体的には、ADHD、 いわゆる「注意多動性欠陥」の人が向いている仕事というのを、紹介していきます。

 

ADHDに向いている仕事についてお話する理由

なぜこんな話をするのかというと、僕自身、ADHDと、24才のとき診断されました。

当時は

  • トナーの工場や
  • プリンターの開発

といったメーカーの仕事をしていて、

すごい毎日失敗すぎて、辛かったです(涙)。

 

ですが…今ですね「とある職業」にJobチェンジすることによって、本当に楽しい暮らしを送っていうので、

その経験を踏まえて、お伝えしていきたいと思います。

 

仕事でこんな悩みのある人に役立ちます

多分ですね、

  • なんか普段、仕事のミスがが多いとか、
  • なかなか仕事が長過ぎしないとか、
  • すぐに飽きやすいとか、

いろんなその辺の「悩み」がある人って、絶対いると思うんです。

 

そういう人は、もし最後まで見ていただくと、必ず自分に向いた仕事っていうのがわかるようになりますので、

その「とある仕事」を探すために、最後までご覧ください!

 

本日の結論:ADHDの人に是非なって欲しい職業とは

ではですね、本日の結論なんですけど

「注意多動性欠陥」の人は

  • ITエンジニアか
  • Webマーケッター

になってください!

その理由はですね、これから詳しくお話ししていきますが、

 

僕はエンジニア兼、経営者です

僕がですね…実は今、僕はエンジニアをしながら…まあ、経営者でもあります。

・・・といった仕事に就くことによって、本当に毎日楽しく過ごしています。

 

エンジニア・Webマーケッターになって欲しい理由とは

そしてですね、ここから結論の理由なんですけど、

ADHDというのは、実は障害ではなくて、僕はただの「特徴」だと思っています。

 

主な特徴としては、

  • 落ち着きがなかったり
  • 一つのことをやり続けるのが苦手だったり
  • ちょっとした確認作業が苦手

だったりします。

 

ADHDがIT関係の仕事と相性が良い理由とは

こういった仕事って、メーカーの仕事だと本当に合わなくて、

例えばちょっとしたミスで…こう、材料がなくなってしまう…っていう…。

1gで1万円もする材料とか、ザラにあります・苦笑)

そういう、とんでもないミスに、つながっちゃいます。

 

ですがですね、ITエンジニアにJobチェンジすることによって、

  • 何回ミスしてもOK
  • 何回やり直してもOK

こういった試行錯誤ができる仕事に変わることによって、自分の才能を開花することができます!

 

やり直しのきくエンジニアはADHDに向いている

ではここから、僕の具体例を話していきたいと思うんですけど、

冒頭で申し上げたように、

僕は24才にADHDと診断され、

 

で、当時はですね、

  • プリンターの研究開発という仕事で
  • …まぁ、「新しいプリンター」を開発する仕事

をしていました。

 

僕が会社で怒られた、昔の「失敗例」

で、プリンターというともちろんですね、こう、「現物」があるわけで、いろんな材料を取り扱います。

ですがですね、その材料も、

  • けっこう希少性の高いものがあって、
  • 一回その実験に失敗しちゃうと、材料がムダになって

しまうんですね。

 

そういったことをすると、もうやっぱり怒られるわけで、

それって、何回かやり直しができることではなくて、

  • 材料が限られているし、
  • 高いので、

本当になかなかミスもできない、難しいことでした。

 

そういったことでですね、僕のADHDの悪いところと重なってしまって、

凡ミスをどんどん繰り返してしまって、

けっこう毎日、怒られている状態でした。

 

メーカーの仕事とエンジニアの仕事は、全くの別物

ですがですね、とあるきっかけで、僕はITを勉強し始めて、

自分でWebサービスを作って、自分で会社を起こしました。

そうするとですね、今までの

  • メーカーでの仕事と
  • エンジニアの仕事って

全く別物なわけですね。

 

エンジニアの仕事っていうのは、もちろんプログラミングのコードを書くので、物理的なものは、何もありません。

 

コードなので、何回失敗しても、ただパソコンの画面に「エラーですよ」って画面が出るだけで、

そのエラーを見て、

  • エラーが何で起こってるのかとか、
  • そしてどうやってそれが解決できるのか

っていうところを、試行錯誤しながら解決していく仕事です。

 

何回失敗してもOK!飽きっぽいADHDに向いている

これって何回失敗しても

  • 別に金がかかるわけでもないし
  • 材料がなくなるわけでもないので、

とても僕に向いていた仕事です!

 

でもですね、僕、飽きっぽいところもあるんで、

  • プログラミングって複数の言語を並行して学んで
  • 複数のゲームを使ってアプリを開発していく

っていうのが、まぁ、通常のフローになります。

 

そういったこともあるので、いろんな言語を学ぶので、

  • 飽きずに続けられて、
  • とてもですね、スキルが上がっていて

 

どんどんですね、自分の給料が上がっていって、

  • リモートワークできたり
  • 自由に働けるように

なったりもしました。

そういった理由もあって、僕はですね、ADHDの人には、エンジニアを勧めています。

 

やっぱりですね、ADHDと言っても、あくまで特徴なので、別に

  • 一回もミスしないとか
  • 機械みたいに精密な仕事を続ける

ばっかりが、仕事じゃないです!

 

どちらかというと、そういう、同じ作業を繰り返す仕事ってのは、機械が得意なんで、

そういうのはプログラミングで自動化しちゃえばいいんです。

 

ということで、ADHD、実は、これからの時代に、すごい、僕は、合ってるんじゃないか、と思います!

 

おすすめの仕事、次点は「Webマーケッター」

そしてですね、今、僕は、経営者でもあるので、複数の、今ですね、6人エンジニアを雇っていて、みんなでサービスを作ったりして、お金を稼いでいます。

 

で、経営というところも、かなりですね、答えの無い仕事で、

どんどん試行錯誤を続けていく必要があるので、

とても今の僕に向いていて、楽しいなと感じています。

 

プログラミングが向いてないなら「Webマーケッター」に

それでもですね、やっぱりこう、いきなりITエンジニアに転職するとか、もう、すごい不安だと思います。

そして全員が全員、プログラミングに向いているとも、限らないんですよね。

そういったことのために、次点の職業として、Webマーケッターということも挙げてます。

 

Webマーケッターって、具体的に何かというと、

  • インターネットでお客さんを集めてきて、自社の商品を買ってもらうようなウェブサイトを作ったり
  • 例えばSNSでインフルエンサーと呼ばれるような、みんなの注目を集めて、商品を売れるような人達

まぁ、そういう仕事を表します。

 

正しい答えがないWebマーケッターも、飽きっぽいADHDに向いている

って、こちらも実は「答え」って、もちろんなくて、

どんな発言をすればみんなに受け入れられていくか…。

 

例えば、僕のyoutubeチャンネルや、このサイトもそうなんですけど、

  • どんな動画を出せばみんなに見てもらって、
  • その見てもらったところから商品を買ってもらうか、

そういったところを試行錯誤しながら続けていくのが、マーケッターの仕事です。

 

これも

  • 別に精密な作業がいるわけでもないですし、
  • 別に動画出すの失敗しちゃって、もう一回消して、新しいのを出せばいいわけですし、

 

これもですね、エンジニアと似たような

  • 何回でもやり直しが効いて
  • 試行錯誤が必要な仕事なので

飽きっぽいADHDの人には、特に向いている仕事になります。

ですので、次点として、Webマーケッターを挙げました。

 

「精密な仕事」だけが人生の全てではない

本当に僕もそうだったんですけど、ADHDで仕事ができないと、やっぱり本当周りが、「仕事はすべて」って、当時は思ってしまったので、

  • 例えば同僚から怒られたり
  • 上司から、僕なんか冷たくされたり

 

すると、もうなんか、

「人生終わりだ」

のような感じで、ずっと思ってました。

 

でも、違うんです!

Webマーケッターとかエンジニアになることができれば、

  • まったく別の人と仕事をすることができて、
  • インターネットを通して、いろんな人と出会うこともできました。

ですので、ただADHDで「精密な仕事」ができないから…といって、人生を諦めないで欲しいです!

 

まとめ

はい、それでは、本日の内容をまとめていきましょう。

ADHDというのは、障害ではなくて、あくまでただの特徴です。

そしてADHDの人は、

  • 何回でもやり直しが効いて、試行錯誤が必要なITエンジニアを目指すか、
  • もしくはプログラミングに興味がなければWebマーケッター

というところを、目指していってください。

 

僕もですね、

  • 25歳からプログラミングを始めて、
  • 31歳の現在、従業員6人を抱えて、
  • ITの開発会社として、

楽しく毎日暮らしています。

 

そして余談ですが、ここはですね、今、タイのチェンマイという所で書いています。

リモートワークが可能になれば、こうして海外から仕事をすることができて、

本当に新しい体験ばっかりで、毎日が楽しいです。

 

  • ADHDの皆さん、
  • もしくはADHDのお子さんを持つ親御さんは、

ぜひともこういったところに悲観しないで、

こういった僕みたいな仕事もあるということを認識して、

またですね、人生楽しんでいただければと思います!

 

僕のYoutubeチャンネルで

  • こういったADHDの人に向いた仕事や、
  • そしてリモートワークに関わるコンテンツ、
  • そしてプログラミングの勉強コンテンツ

なんかを配信しておりますので、

今後の配信を見逃したくない方は、ぜひとも「チャンネル登録」してみてください。

(打田裕馬のYoutubeチャンネル登録)

最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です